1期:授業内容と日程2018

画像の説明

🌸花の時期の関係などで、黄色部分の開催日が変則です。

<追加授業の案内>

  • 1.3月だけ、金曜日(5時~6時20分)にも同じ授業をします。
  • 2.平日の第4講は、午後3時~4時20分でも、同じ授業をします。
    つまり、4月3日(火)と4月5日(木)は、午後3時~4時20分と、午後5時~6時20分のどちらか都合がいい方に出席してください(3時の方がお勧め)
    理由;春休み中でもあり、陽の高い好条件のうちに、野外できれいな花を見たい!通常の時間帯でも授業を行いますが、午後3時からの授業をお勧めします。

3講 起きあがり小坊師とやじろべえ(おもりとバランス)

いくつかの起きあがり小坊師を持ってきます。うまく立つものと立たないものがあります。それらを見比べ、うらにある理科の法則を考えます。また、その法則を使って、やじろべえを作ります。

4講 春の生物②

中学入試で出題される花の多くは、春の花です。春は、レンゲソウ・カラスノエンドウ・ホトケノザ・ナズナ・ハコベラ・モクレン・スミレなど、見てほしい花がたくさん咲きます。ちょうど見頃です。一緒に見に行きましょう。

5講 音(基本)

音の正体が、ものの振動であることを確かめます。また、弦の長さや太さと、音の高低の関係を調べます。音の高低が振動数で決まることを、一目瞭然の実験ではっきりさせます。全員、ワイングラスを使って、きれいな音を出せるようにします。

6講 春の生物③

春後半の生物は、小学生にとって印象が薄いようです。ツツジ、フジ、アヤメなど、よく入試でも問われる植物でも、わかっている子は全体の1割程度です。カタバミ・シロツメクサ・オオバコ・ハナミズキなども見ます。ピーピー笛も作ります。