画像の説明

5講 音(基本)

音の正体が、ものの振動であることを確かめます。また、弦の長さや太さと、音の高低の関係を調べます。音の高低が振動数で決まることを、一目瞭然の実験ではっきりさせます。全員、ワイングラスを使って、きれいな音を出せるようにします。

6講 春の生物③(春の中期~後期) 

春の中期~後期の生物は、生物の入れ替わりの早い時期です。その時に、一番美しいものを見ましょう。ツツジ・フジ・ハナミズキ・アヤメ・ハルジオン・カタバミ・シロツメクサ・オオバコなどを見に行きます。イチョウやマツの花も、見ましょう。また、テントウムシの幼虫やさなぎも、探しましょう。

7講 電気を通すもの・豆電球

電気を通すものと通さないものを区別し、その裏に隠れている規則を見つけます。豆電球のつくりを調べ、裸の豆電球の光らせ方を考えます。身近な道具を使って、かっこいい通電テスターを、1人1個作ります。

8講 種子と発芽のようす

入試によく出る種子の標本を作ります。教科書の図や写真で覚えるよりも、実物の方がずっと楽しく勉強できます。そして、発芽したものを見て、特ちょうをスケッチします。また、植物は、自分で育てるのが一番の勉強。種子や苗をさしあげます。大切に育ててみましょう。

9講 風とゴムで動くもの

扇風機などで使われている、プロペラをテーマにします。羽根のかたむきや回す方向で、風がどのように変わるか調べます。また、よく飛ぶおもちゃ(スカイスクリュー)を作ります。そのおもちゃには、機体が逆回転しないようなくふうがされているので、それも考えます。

10講 モンシロチョウとアゲハ

入試では、「アゲハの幼虫のあしともようをかけ」など、作図の問題が出されるところです。実際に、モンシロチョウとアゲハの、卵・幼虫・さなぎ・成虫を、観察します。いろいろなチョウの標本も持っていきます。チョウを得意にしましょう。