3期:授業内容と日程2018

画像の説明

新規授業 21講 植物(総合)/22講 金星と黄道12星座 

 11月23日(金祝)午後1時30分~4時30分)

21講 生物(総合)

BTB液を使った、水草の呼吸と光合成の実験。顕微鏡で、細胞や葉緑体を観察。目は、なぜ立体視ができるのか?これまで扱えなかった生物の実験を行います。

22講 金星・黄道12星座

小学校の学習範囲ではないのですが、金星と黄道12星座は、中学入試に良く出ます。三球議を使い、部屋を暗くしてブラックライトを使い、実験を通して3次元的な空間を理解してもらいます。また、黄道12星座とは何か?なぜ、誕生日に誕生星座は見えないのかを考えます。

23講 地震

地震がなぜ起こるのか?地震波(P波とS波)の伝わり方の違いは?実験で確かめます。また、地震計のしくみ(不動点)を、ペットボトルを使った装置で実感します。地震の被害(津波・液状化現象)も、実験などで確かめます。

24講 力学(総合)

太さがちがう棒のつり合いを考えます。また、身近な道具(栓抜き、爪切り、ギア付自転車)など、てこを利用した道具を観察し、簡単な図に直して計算ができるようにします。積み木をできるだけ外に出す問題もやります。

25講 燃焼(総合)

二酸化炭素を出す・出さない、炎を出す・出さない、これらの違いを印象的な実験で整理します。また、銅やマグネシウムなどの燃え方も調べます。火薬を使わない線香花火も作ります。

26講 光と色の3原色

なぜ植物は緑色に見えるのでしょうか?光と色の3原色を、実験と理屈で考えます。まぜるとどうなるか?補色とは?DVDを使って、光を虹のように分ける工作もします。

27講 四季の天気

四季の天気のようすを、雲画像と天気図の両方で整理します。高気圧、低気圧(台風)の風の吹き方を、実験で確かめます。1気圧=水の高さ約10mを、長いホースで確かめます。

28講 電気(総合)

かん電池と豆電球、発光ダイオードの総まとめです。入試頻出の階段スイッチ(スイッチが2つついていてどちらのスイッチでも入り切りできるもの)の配線を考え、実際に作ります。

29講 金属とさび・カイロ・発熱反応と吸熱反応

実験で、さびやすい条件を考えます。また、鉄が急にさびるときの熱を利用し、温かいカイロを作ります。試験管の中で、塩化アンモニウムの雪を降らせます。 

30講 光(総合)

光の性質(レンズも含む)を、視点を変えて実験をします。光は、作図力がポイントなので、作図はしっかりやってもらいます。また、光の性質を利用して、ふしぎな幻灯機を作ります。

31講 月と地球(総合)

月食や日食がなぜ起こるか?なぜ、毎月起きないのか?月から地球を見ると、地球はどのように見えるのか?三次元の空間を、ソフトと手製の三球儀を使って、イメージできるようにします。