別ページに移動(コースを選んでください)
1期 2期 3期

ヒント:
入り方は次のどちらかで
1.ズームを起動。→IDとパスワード
2.ボタンをクリック→ズームに入る(パスワードを求められるときもあります)

「自分の頭で考える。」倉橋が、最も子どもたちに伝えたいことです。
昔、人は、現在の小学生程度の知識を組み合わせ、自分の頭で考えて、宇宙や科学の真理を探ってきました。すごい!です。
少しむずかしいテーマですが、先人たちは、どう考えたのか?小学生にもわかるように、参加型のZoom授業でやってみます。
考えることが好きな子なら、3年生でも理解できるように授業します。

天動説から地動説へ

地球が太陽のまわりを回っている。今の私たちには、当たり前のことです。しかし、どうしてわかったのでしょうか?宇宙はどうなっているのか?アリストテレスやプトレマイオスの考えた天動説も、すごいぞ。ガリレオは、自作の望遠鏡で月や金星を観察し、なぜコペルニクスの地動説を支持したのか?

5月31日(日)午前9時~

Meeting ID: 886 3390 9426
Password: 505769
天動説から地動説へ

関連動画

科学史教養講座(コロナ休校時)

地球・月・太陽の大きさは、どのように求めたのか?

古代ギリシャの、エラトステネスは、計算で地球の大きさを求めました。アリスタルコスは、月の大きさや太陽の大きさを求めました。さて、どのようにして求めたのか?(終了

実施されたZoomは、以下で見られます。

第1回 第2回

光の速さは、どのように求めたのか?

木星の衛星の観察から、はじめて光の速さを測定したレーマー。電球もない時代に、歯車を回して正確な光の速さを測定したフィゾー。物がなくても、知恵と工夫で何とかする。人間の力は、すごいぞ。

実施されたZoomは、以下で見られます。

光の速さ

関連動画