冬の生物観察(東山公園)

今日は、冬の生物を東山公園で観察する日です。朝から、天気が良くて良かったです。楽しくできました。
この企画、かなり、下準備で苦労しました。その分、うまくいって、本当によかったです。
準備段階で、東山植物園で、冬の花、鳥、冬芽等は、まあまあ見つかったのですが、冬越しの昆虫がみつかりませんでした。

困りました。もう、4日間、のべ12時間探しまくりました。
東山公園と平和公園だけでなく、探索の場を、本山の桃巌寺、名大構内まで広げました。
ほとんど見つかりません。これほどいないとは。

土曜日になり、イベントが明日に迫っているのに、日没近くになっているのに、重要アイテム(イラガのまゆ、オビカレハの卵)が、ほとんど見つからない!
傾いていく日を見ながら、「どうしよう」と途方に暮れていました。

土曜日の4時ごろ、東山周辺の探索をあきらめて、自宅近くの梅林に探しに行きました。
日没を考えると、ラストチャンスでした。

その梅林は、パラダイスでした。
イラガのまゆ、オビカレハの卵。探し求めていたものが、いっぱいありました。ミノ虫も、カマキリの卵嚢もあります。宝の山です。
助かりました。

今日は、まず教室内で、梅林で採取した昆虫の冬越しのようすを見てもらい、そのあとで、地下鉄で星ヶ丘まで行き、星ヶ丘門から植物園に入りました。オオミノガ→梅→スイセン→ミツマタ→ロウバイ→マンサク→ヤツデ→ネコヤナギ→サザンカ→モクレン(冬芽)→ツバキ→鳥探し(メジロ・ヒヨドリ等)→トチ(冬芽)→アジサイ(冬芽)→ヒガンバナ(葉)→カラシナ(若い芽)→サギ→フクジュソウ。
帰りは、動物園の中を通って帰りました。

うまくいって、みんな無事に行ってこれて、よかったです。


コメント

  • まさに中学受験テキストに出てくる冬の生物達ですね。

    ウチの塾生達にも見せてあげたいです。


  • ありがとうございます。
    楽しくできてよかったです。小学生(男子)は、どうしても動物の方が好きなようで、植物ばかり見ていると、のりが悪いです。今回は、昆虫の冬越しや、鳥も、たくさん見られてよかったです。



認証コード9841

コメントは管理者の承認後に表示されます。