学年配当漢字

新学年の授業が始まりました。
授業のプリントを作っていて、いつも、学年配当漢字について悩みます。授業をしているとき、「習っていないので漢字が読めない」といわれることがあります。(中には習っているのに、「読めない」という子もいますが)
漢字が読めないと、「理解ができない→注意力が落ちてくる」という悪い循環に入ります。だから、読める漢字で文章を作りたいです。

何年でどの漢字を習うのか?
倉橋は、厳密には、よくわかっていません。特に1~3年がわかりません。

河合塾のテキストや統一テストをずっと作ってきて、そこは、漢字の配当についてはかなり厳密にチェックが入っていたために、4~6年生の配当漢字は、だいたいわかるようになっています。でも、1~3年生の配当漢字は、本当に????。

実験教室では、1期のクラスのプリントが、作りにくいです。

昨日も、1期の磁石で、「鉄」という字が習っていないようで、とまどわせてしまいました。「N」と「S」も、まだやっていない?のか、とまどっていました。

どうしようかと思って、ネットで、配当漢字か否かをチェックするソフトはないかと探しました。
いくつかありました。

「文章をコピーして貼り付けると、配当外漢字が、赤で示される」

ためしにやってみると、かなり赤になりました。気を付けてはいたつもりですが、ここまで読めない漢字を使っていたことに、愕然。去年の子に申し訳ない気持ちです。

このソフト使わせてもらいます。
今年の教材は、履修した漢字を使うようにします。

漢字って、
1.読めないし、書けない。
2.読めるけど、書けない。
3.読めて、書ける。
の3段階があると思います。

今の学校で「習う」ということは、1からいきなり3にあげることなのかな。
自分のことものころは、そうだった気がします。

日常的には、2の段階の漢字って、たくさんあると思います(「薔薇」とか)。その蓄積がベースになって、3の段階にいけるような気がします。

自分が子どものころ、本を読んでいると、読めない文字はいっぱい出てきました。でも、何度も同じ文字が出てくると、少しずつ読めるようになってきたように思います。その読める文字が、学校の教科書で習うようになると、ああ、知っている!と、書けるようになったように思います。

まず読める漢字を増やしていって、1年くらい遅れて、それを書けるようにする。
そんな学習方法も、有りだと思うのですが・・。
部外者の雑感でした。


コメント

  • 昨日は、授業に参加させていただきありがとうございました。
    すごく楽しい授業でした!
    想像以上の授業で、とてもありがたいです。
    この、教室を立ち上げてくれた先生に感謝の気持ちでいっぱいです。

    子供の方はといいますと。。。
    授業では、子供の反応がいまいちにみえましたが、帰って話をして、
    きちんと話を聞いていたし、新しいことを知れたんだな~と感じました。

    親が教えたりするより、先生の授業の方が断然、良いし、楽しいです。
    親が下手に教えたりすると、かえって嫌いにさせてしまう感じがしたので
    これからは、余分な事はしないようにしよう!と決めました。
    知らないことを、先生から初めて聞く新鮮さを大切にしようと・・・

    「漢字」については、大変ですよね。
    個人差もありますし。
    でも、知らなくて、サイエンスラボで初めて知って、習得することもアリ
    ですよね!そうですよ、アリです!

    色々と、大変な事もあるかと思いますが、応援しております!!!


  • ありがとうございます。
    昨日は、自分の中ではいくつかドジを踏んでいます。完璧にはほど遠い授業です。
    いつも、「伝えたいこと」を考えています。授業が下手でも、話し下手でも、伝えたい気持ちがしっかりあって、伝わってくれるという信念があれば、人には伝わると思っています。

    親は教えていいですよ。
    理科的な知識は、バラバラに分散しています。
    子どもは、いろいろな人の話しを聞いて、いろいろな人の授業を聞いて、世界を広げていってほしいです。



認証コード3095

コメントは管理者の承認後に表示されます。