朝Zoom2021 正規入口

授業はこちらでやっています

朝Zoom2021入口
ユーザー名は、何を入れてもOK
パスワードは、メールで送られたものを入れてください。

中学入試に出る科学史教養講座(朝Zoomイベント)

先人は、手持ちの知識と自分の頭脳で、見えない世界を、想像力を使って見てきました。
人間の考える力はすごい!
勉強になって、元気が出る講座です。

プリントはありません:
小学3年生の子でもわかるように説明します。事前のテキストはありません。予習も不要です。直接ご参加ください。

第2回 天動説と地動説➀ 

  • 古代メソポタミア人が知っていた黄道12星座とは何か?
  • アリストテレスは、惑星の順番(水金地火木土)を、どう導き出したのか。
  • 惑星の逆行をプトレマイオスはどう説明したのか?

9月20日(月祝)6時~6時30分(実施済み)
授業天動説と地動説①
授業記録です。実は録画を忘れて、撮り直しました。これを見て、天動説と地動説②を見ると、とてもわかり易いです。

第3回 天動説と地動説② 

  • コペルニクスは、1400年間信じられてきた宇宙観を、どう転回したのか?
  • ガリレオは、金星の観測から、なぜ地動説を確信したのか?
  • 「惑星軌道は円ではない」ケプラーは、どうやって惑星軌道を出したのか?

9月27日(月)6時~6時30分(実施済み)

授業天動説と地動説②

第1回 地球と月と太陽の大きさはどのようにして求めたのか 

実施済

内容:古代ギリシャの、エラトステネスは、計算で地球の大きさを求めました。アリスタルコスは、月の大きさや太陽の大きさを求めました。どのようにして求めたのか?
授業記録:下記ボタンをクリック。
授業

朝Zoomって何?

asazoom
平日の朝6時~6時30分に行う、Zoom授業です。
授業を行うのは、YouTubeの実験動画でおなじみ?の倉橋です。
理科は、教科書の活字より、本物の実験を見た方が、短時間で効率よく、深く理解できます。
授業では、倉橋が本物を見せ、クイズを出しながら授業をします。
子どもたちは、クイズに答えながら、理科を得意にしていく。
面白くて、効率が好くて、実力がつく。最高の30分です。
練習問題もたくさんついていて、質問もできます。

詳細は、以下をクリック。
朝Zoom案内

参加者の声

画像の説明
2020年朝Zoom参加者の声。朝早くから起きて、よくがんばった。日本の未来は明るい。
参加者の声

年間予定(2021年)

2021年度の朝Zoomの予定です。
変更になることもあります・
画像の説明

授業記録

前年度の授業プリントと授業の録画です。
2020年度会員は最後のパスワードで見られます。
授業記録2020