対象

小学5年生(4年生も可能)。はじめての方の参加も、大歓迎!

内容

15講 月

画像の説明

月のポイントは、「いつ、どの方向に、どんな月が見えるか」がわかるようになること。ボールとライトを使って、地球の周りを回る月の位置と、地球から見たときの満ち欠けのようすを確かめます。また、月の満ち欠け早見版を、理屈を考えながら作ります。全員、月を得意にさせます。

16講 太陽の動き・影の動き(1年間)

画像の説明
太陽の動きは3次元で、2次元の教科書の図では、わかりにくいです。そこで、サイエンス・ラボ特製の太陽の動き再現装置を使って、各自で、透明半球上に1年の太陽の動きを描いてみましょう。棒の影の動きも描いてみましょう。太陽の動きが、頭の中に立体的に思い浮かべられるようになります。

17講 光(鏡と像)

画像の説明
入試でよく出る、鏡の像の問題です。頭の中でイメージしにくく、解説を読んでもわかりにくい単元です。実際にやってみて、なぜそうなるのか、作図で考えます。複雑そうに見える鏡の世界も、1つの考え方がわかれば、すっきり解けます。鏡の問題を得意にします。

18講 植物の蒸散・顕微鏡つくり

画像の説明
植物の蒸散を考えます。また。単子葉類と双子葉類のくきや葉のちがい、気孔などを顕微鏡で見ます。レーベンフックの顕微鏡を、各自で作ります。

日程

・同じ授業を8回行います。都合の良い日に、ご参加ください。
・1講座70分で、毎回2講座ずつ行います。
・1講座ずつ、バラバラに受講することも可能です。(下記の時間割を参照)

前半

画像の説明

後半

画像の説明

時間割

午前の部 1限目 午前9時~10時10分  2限目 午前10時25分~11時35分
午後の部 1限目 午後1時30分~2時40分 3限 午後2時55分~4時05分

授業料

各講 3,850円(教材費/税込み)
(注)1回で2講受講の場合7,700円

問合せ、申込み